第一章 総 則

 第一条 本学会は漁業経済学会と称する。

 第二条 本学会の事務局は東京都港区港南四ー五ー七東京海洋大学品川キャンパス内に置く。

 

第二章 目的及び事業

 第三条 本学会は漁業経営、漁業政策、漁業統計、漁業史、漁村社会生活、

     その他漁業経済一般に関する理論及び応用を研究することを以て目的とする。

 第四条 本学会は前条の目的を達成するため次の事業を行う。

  一、学会誌「漁業経済研究」の発行及び学会ホームページ上へのディスカッション・ペーパーの掲載

  二、年一回以上大会を開き会員の研究発表及び討論

  三、研究会又は講演会の開催

  四、会員名簿の作成

  五、学会賞の授与

  六、その他、本学会の目的達成に必要な事項

 

第三章 会員

 第五条 本学会の会員は次の通りとする。

  一、一般会員は会費として八,000円を納める(学生会員は四,000円)

    入会希望者は、会員の推薦と理事会の承認を要する。

  二、本学会に賛助会員を置くことができる。この会員の規定は別に定める。

三、本学会に名誉会員を置くことができる。この会員の規定は別に定める。

 第六条 本学会々員は次の資格を有する。

  一、「漁業経済研究」、ディスカッション・ペーパー及び会報への投稿

  二、大会、研究会、講演会への出席と研究発表

  三、「漁業経済研究」、会報、ならびに会員名簿の受領

 

第四章 機関及び運営

 第七条 本学会の役員として代表理事、理事、監事若干名を置く。

 第八条 理事及び監事は大会総会において選出する。

 第九条 役員の任期は二ケ年とし再選を妨げない。

 第十条 理事会は代表理事を選考し、常任理事若干名を互選する。

 第十一条 代表理事は本学会を代表する。

      常任理事は会務を分掌する。

      監事は資産及び会計の監査をする。

 第十二条 学会誌「漁業経済研究」及びディスカッション・ペーパーの編集と発行のため編集委員会を置く。

      編集委員会の規定は別に定める。

 第十三条 本会に顧問を置くことができる。顧問は理事会においてこれを委嘱する。

 第十四条 代表理事は理事会及び会員総会を召集する。

 第十五条 理事会は次の事項を議決する。

 一、予算及び決算に関すること

 二、会務執行に関すること

 三、その他重要会務に関すること

    前各号の事項については会員総会の承認をうけなければならない。

 第十六条 会員総会は毎年一回開催する。又必要なる場合は臨時総会を開くことができる。

 

第五章 会計

 第十七条 本学会の経費は次による。

  一、会費

  二、寄附金

  三、助成金

  四、その他

 第十八条 本学会の会計年度は毎年四月一日より始まり翌年三月三十一日に終わる。

 第十九条 本会々則は総会の議を経なければ変更できない。

 

(附則)

本会則は一九五三年八月一日より施行する(二〇〇五年五月二十八日改正)

TOP